無料お見積りはこちら

ご注文からお届けまでの流れ
カタログvol2完成!無料請求
お電話でご相談承ります! 0120-55-2505

アウトラインって何?

『フォント』って聞いたことありますか?

そうです!「書体」のことです!
『ゴシック』とか『明朝』など書体の種類によって形が変わります。
お客様がご使用されている書体が、 GO!GO!不動産のパソコンには同じフォントがない場合、お客様がご使用されているフォントが違うフォントに置き換わる『文字化け』という現象がおきます。

GO!GO!

「お客様が打った文字」

GO!GO!

「弊社で見ると文字が変わってしまう」

このような場合に文字の『アウトライン』をとれば、文字が図形になって、見たままの状態が保たれます。

文字のアウトライン作成について

①レイヤー、オブジェクトのロックを解除します。

②すべてを選択したまま「文字」→「アウトライン作成」を選択しアウトラインを作成します。

③フォント検索
「書式」→「フォント検索」を選択します。
フォント名が何も表示されなければ、全ての文字がアウトライン化されています!

画像について

弊社は画像のリンクを推奨!!

『リンク切れ』って聞いたことありますか?

データに画像を使用する場合は①リンク画像または②埋め込み画像の2つの方法があります。

①リンク画像について

リンク画像の場合は使用している画像を同じフォルダに入れて、データを送信してもらわないと『リンク切れ」になってしまいます。
画像がない場合は表示されません。

Illustrator データ

出力データ

出力するデータです。
実際のサイズの1/10で作成してください。
(比率を合わせる)

画像データ

リンク画像データ

データ上必要な場合は、画像データを添付して下さい。
(リンク状態の場合)

出力見本

出力見本.pdfまたは出力見本.jpg') }}

出力時の間違い防止等で必要となります。
必ず添付してください。
(JPG/PDF)

フォルダ

2015_9_10_GOGO
【発注年月日_お名前】

②埋め込み画像について

画像の配置をする時に、ファイル→配置→ロリンク リンクのチェックをOFFにすれば、理め込み画像で配置されますがデータ容量が多くなり、作業効率が落ちる為おすすめできません。

①ファイルから「配置」を選びます。

②配置を選ぶ前に「リンク」をOFFします。

③リンクオプションの▼マークを押すと、「画像の埋め込み」というのが出てきます。
こちらの「画像の埋め込み」をするとできます。

④このマークが出ていれば、埋め込みができている印です!

画像の埋め込みをすると容量が大きくなってしまうため、リンク状態で入稿してください。

画像解像度とは?

「画像の解像度が低くて使用できません」などと言われたことはありますか?

難しい内容のことかもと思うかもしれませんが、『画像のきめ細かさ』を表すことです。
数値で表すと『dpi』(dot per inch(ドットパーインチ))という単位で表します。

5dpi

1inchの中に
5個のdot(点)がある状態。

この辺が1inchだとすると、
このようになります。

10dpi

1inchの中に
10個のdot(点)がある状態。

点が多いほど、きめ細かくなります。

1inchの中にドットがどれだけあるかってことなんですね!
解像度が『高く』なるほど1inchの中にたくさんの点があることなので、点が多くなりきめ細かくなるのでキレイに見えます。

低い 5dpi(5x5) 15dpi(15x15) 32dpi(32x32) 300dpi(300x300) 高い

GO!GO!不動産で好評の現場シートで使用する画像は、原付の1/10サイズ(例えば)1800×3600mm→180×360mmでデータを作成した際に解像度が300~350dpi必要です。
パソコン上でキレイに見えるのに印刷したら、すごく粗いというのは解像度が低いってことだよ!
ホームページに使用している画像などは72dpiくらいしかないから、要注意です。
解像度が低いデータを高くすることはできないので注意が必要だね!

「画像解像度」の確認方法について

①イメージから「画像解像度」を選びます。

②サイズを原寸(1/10)にした場合の
「画像解像度」のチェックしましょう。

カラーモードとは?

「RGB」と「CMYK」を聞いたことはありますか?

どちらもカラーモードを表す略語です。
「RGB」は光の三原色、赤(Red)、緑(Green)、青(Blue)のかけ合わせで様々な色を表現し、全てが重なると「白」になります。
液晶ディスプレイ、デジカメなどの画像で再現に使用されます。
「CMYK」は色の三原色、C(シアン)、M(マゼンタ)、Y(イエロー)、k(黒)の略語で、CMYが重なると黒になります。
家庭用のインクジェットプリンターなどで使用されるインクを見ればわかりますよね!
黒は、CMYで再現される黒色を補足するために用います。

RGB=光の三原色

※赤と青と緑の光が合わさると白色に光が見えます。

CMY=色の三原色

※シアンとマゼンタとイエローのインクが合わさると黒色になります。

お客様からのデータ入稿のイラストレーターでも、カラーの形式が「RGB」で作成しているケースがあります。
または、写真データのみ、「RGB」だったりします。
印刷をするとなると「RGB」の設定がら「CMYK」に置き換えられます。
どうしても色の発色が変わってしまいます。
始めからデータを作成する際に「CMYK」で作成をお願いします。

RGB 画像

CMYK 画像

RGB画像をCMYKに変換すると…このように発色が変わります。

カテゴリ一覧

特注デザインご注文方法

インフォメーション

カタログvol2完成!無料請求

ご利用ガイド

ページトップへ